TATSUWT HOUSE(タツートハウス)

北側道路に接道している土地のデメリットである光の入りづらさは、中庭を設けることで克服しています。 空から見ると、その中庭をタツノオトシゴが囲っているようにも見えます。 清潔感のあるシンプルな白い外壁とあわせて、タツ(TATSU)+ホワイト(WT)がこのお家のシンボルです。

北側道路に接道している土地に建つ平屋です。
北側接道の場合、南側に建物を寄せなければなりません。尚且つ3方を2階建で囲まれてしまうと光が取込みづらくなります。
そのデメリットを克服するために、中庭を設け室内全体に光を取込みます。

外壁にはシンプルなフラットサイディングを使用しモダンな外観に仕上げていますが、アクセントでクリア塗装したレッドシダーを使用し、木の暖かさと柔らかさもプラスしています。
白い外壁をバックにすると、シンボルツリーの「アオダモ」も映えます。

中庭を挟んで南側に大きな窓を設けています。
天井高2m40cmいっぱいの高さの窓と、同じ高さのドアを使用することで無駄な線や凹凸が消え、開放感が出て空間がすっきりとします。

リビングを散らかすモノはお子様の学習道具やおもちゃ、書類がほとんどです。
子供室をリビング隣に設けるとそれらのものを直接収納できるため、いつもリビングがすっきりします。
ダイニングやリビングに置き家具を増やさない秘訣です。

ホワイトを基調にグレーとブラックをアクセント色にしたシンプル×ナチュラルなダイニングキッチンです。
床材は無垢のレッドパイン材を使用しています。
パイン材は柔らかく肌触りの良い材料です。経年変化して飴色に変わっていきます。

タイル張りの中庭の一角に植栽(アカシア)を植えています。
リビングの大きな窓から季節の移ろいを感じ取れます。
また晴れの日はここで洗濯物を干します。
ファミリークローゼットも隣接しているので、家事動線が短く家事楽です。

玄関横に土間収納があると便利です。
床上に上げたくない趣味の道具や遊び道具、自転車やベビーカーだって置けます。
棚を可動式にすると色々な変化に対応できます。

落ち着きのあるトイレのインテリアです。
グレージュのクロス、ヘキサゴンタイルと真鍮のペーパーホルダーやペンダント照明がすごくマッチしています。

« 施工事例一覧 »