IEDUKURI STORY

THIS LIFEの家づくり

5SIMPLE NOTE MINAMI 棟上げ(タイムラプス動画あり)

2022/01/14

おはようございます、

THIS LIFEの原武です。

 

今回はSIMPLE NOTE MINAMIの棟上げの様子をご紹介します。

 

棟上げの流れは、

まず前日までに大工さんが「土台」や「大引」を敷き、床合板を張っています。

騒音や道路の利用も多いため、ご近所の方にもご挨拶に伺います。

土台は12cm角のヒノキ材で、耐久性がありシロアリに強い材料です。

 

そして棟上げ当日は朝8時からスタート!

この日は大工さんが10人くらい集まり一斉に作業します。

 

まずはお家の4方をお塩やお酒で清めて始まります。

「4方固め」と呼ばれ工事の安全をお祈りします。

お施主様がいらっしゃる場合は、お施主様にお酒を撒くことをお願いしています。

 

その後はクレーン車も登場し、

「柱」を建て、

「梁」を架け、

午前のお仕事は終わります。

そう、意外と「あっ」という間なんです(笑)

 

12時から大工さんたちのお昼休憩です。

お施主様がいらっしゃる場合は、お弁当や飲み物はお施主様にご用意いただいています。

zzz

 

そして午後からは屋根伏せが始まります。

「小屋束」を建て、

「母屋」を架け、

母屋に「垂木」を乗せていきます。

合わせて、天井に「断熱材」を入れていきます。

最後に垂木に「野地板」を張って終わりです。

ここまで来ると、おおよそお家のかたちが見えてきますね。

 

17時になって現場監督からの締めの挨拶でこの日は終わります。

大工さん、クレーン屋さんをはじめ、材料運搬に関わっていただいた皆さん、お疲れ様でした!!

 

上棟の日、1日の流れはこちら↓

 

#THIS LIFE   #シンプルノート #久留米平家  #上棟

« 家づくりの流れ一覧