洗濯作業がストレスフリーで出来る家

2020/06/14

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、

ずいぶんと楽になります。

 

とはいえ、キッチンや洗面脱衣室の勝手口から

外に出て干すという方法では、

2階のベランダまで洗濯物を干しに行くよりは、

遥かに動線が短くなるものの、

同時にいくつかのデメリットも抱えることになります。

 

では、この動線の場合、

どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

問題点その1:外に出て作業しなければいけない・・・

 

この場合、洗濯物を干す作業は、

完全に外に出て行うことになります。

 

となると、夏は汗だくになりながら

洗濯物を干さないといけなくなるし、

冬は、ブルブル震えながら

洗濯物を干さないといけなくなります。

 

ましてや、素足にサンダルは、

冬には拷問のような行為となります・・・

 

問題点その2:いつもキレイにしておかないといけない・・・

 

また、外に出て洗濯物を

干さないといけないということは、

お隣さんやご近所さん、

あるいは郵便や宅配の方たちと

顔を合わす可能性も高くなる

ということでもあります。

 

つまり、ノーメイクやパジャマ姿で

外に出て行くわけにいかないので、

それなりにいつも、

身なりに気を付けておく必要がある

というわけです。

 

問題点その3:取り込むのに手間がかかる・・・

 

乾いた洗濯物を取り込む時も、

勝手口から何度も出入りしないといけないため、

取り込むのにも、けっこう手間がかかります。

 

一回に持てる洗濯物の分量も限られているし、

その移動距離もけっこう長いからです。

 

ましてや、子供が成長するに連れて、

洗濯物の分量は増えていくため、

この作業はますます大変なものになっていきます。

 

洗濯作業を楽にこなせるようにするためには?

 

洗濯作業の手間を減らすためには、

干す動線を短くしないといけないのですが、

この際、注意しなければいけないポイントは、

わざわざ外に出て干さないといけない場所に

干場をつくらないということです。

 

1階でありながら、ベランダに干す時のように、

部屋から手を伸ばしただけで

干すことが出来るとしたら、

干す作業がとっても楽になりますよね?

 

この動線がつくれれば、

同時に取り込む作業もずいぶんと楽になります。

なんせ、室内に居ながら、

洗濯物を取り込むことが出来るわけですからね。

 

また、もう1つ大切なポイントは、

いかに周囲の人たちの目に触れないよう出来るか?

ということです。

 

洗濯物を周囲の人たちから

見えない場所に干すことが出来れば、

生活感が全く出なくなり、

常に、美しい外観を維持出来るし、

家族構成や仕事などが分かることもないし、

ノーメイクやパジャマ姿のままで、

干したり、取り込んだりが出来ます。

 

つまり、家事の手間を減らせるだけじゃなく、

防犯性も高くなるし、家の景観も美しくなる、

というわけですね。

 

ということで、あなたが、

少しでも家事の負担を減らしたい・・

そして、見た目も美しい家にしたい・・

そうお考えであれば、

これらを全て実現した弊社の住まいを、

ぜひご覧いただければと思います。

 

« コラム一覧 »